前へ
次へ

アプリ開発の検証用としてレンタル携帯

スマートフォンの便利なところとしてアプリが使える点が挙げられるでしょう。
ガラケーにおいても一定のアプリがあり写真撮影やキャッシュレスでの支払いができる仕組みもあります。
ただガラケーの画面はあまり大きくなくてOSもメーカー固有のものだったりするのでいろいろなアプリがインストールできるわけではありません。
スマホは現在大手2社のOSが一般的で多くのアプリが提供されています。
画面も大きくパソコンに近い操作が可能になっています。
ソフトウェア開発と言えばパソコンなどで利用するものもありますが、最近はスマホアプリを開発する会社も多くなっています。
開発をすればきちんと動くかの検証が必要で自社内に検証用のスマホも確保しているでしょう。
ただ検証のために大量のスマホを購入するのはあまり効率的ではありません。
スマホ本体はどんどん新しいものが登場していますしOSのバージョンもどんどん上がっています。
そのたびに新しいスマホに買い替える必要があるためです。
アプリ開発会社においてはレンタル携帯を利用して検証するケースが多くなっています。
業者によってレンタル携帯の在庫は異なりますが、最新機種から一世代前や二世代前のものなどを用意しているところもあります。
アプル開発会社としては最新機種での検証も大事ですが、古いタイプのスマホでも検証が必要になります。
古いタイプを新たに購入するのは難しいですがレンタル携帯であれば比較的容易に調達することができそうです。
レンタル携帯をアプリ開発の検証として使うメリットは多くの機種での検証がしやすい点でしょう。
スマホは購入すると一台数万円はするので、多くのメーカーや機種で検証するとかなりの費用がかかります。
レンタル携帯で到達すれば数日であれば一台当たり数千円からそれ以下で利用できるときもあります。
レンタル携帯であれば不用になれば返却すればいいだけなので、購入によって無駄に使わなくなったスマホが増えていくこともありません。

Page Top